ニキビに悩んでいるかたの化粧品の正しい選びかた

ニキビやニキビクレーターで悩んでいるかたは、とても多いのではないでしょうか。
ニキビができてしまう原因は、毛穴の皮脂が過剰に分泌してしまうのが原因とされていますが、大人ニキビの原因は、肌の老化が原因ともいわれています。
今は、そんなニキビで悩む方のために、ニキビが良くなる化粧品がたくさん出ています。
そもそもニキビ化粧品というのは、ニキビができやすい方のための化粧品、またはニキビへの刺激や悪影響が少ない化粧 品のことをいいます。アルコールや着色料、香料などが一般の化粧品に比べて抑えられていますので、無添加化粧品や天然化粧品が多いです。
ニキビ化粧品の中には、医薬や薬用と記された化粧品があるのですか、これは一般の化粧品に比べて、ニキビへの効果が有能とされている化粧品です。しかし、ニキビを治すというものではなく、ニキビが和らぐといったものになります。
では、ニキビ化粧品の選び方について説明します。
ニキビができている肌の状態は、刺激を受けやすく、敏感になっています。そのため、化粧品を選ぶ際には注意する必要があります。
では、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。
まずは、クレンジングです。
これは拭き取るものではなく、ウォッシュタイプのものを選ぶべきです。 拭き取りタイプのものは、油分を多く含んでいるため、拭き取ったあとに毛穴に残りやすく、ニキビができやすくなっています。
つぎに化粧水です。
これは保湿力効果の高いものを選びます。
そして乳液やクリームですが、 これらはニキビの状態により使用しないほうがいい場合もあります。
ファンデーションは、リキッドなどの落ちにくいタイプや汗や水に強く、化粧くずれしにくいタイプのものは避けた方が良いでしょう。
それらは油分が多いので、毛穴をふさいでしまいます。
パウダーなどで薄く仕上げるのが良いかと思います。

すでにニキビがある方は、目もとや口元の印象を少し強めることで、ニキビを目立たなくさせることができます。

 

自分の肌質を知りニキビを防ぐ化粧品

化粧品を選ぶ時、何を重視していますか?
メーカーの知名度や口コミ、コストが安いなど、その理由は様々だと思います。
ですが、化粧品は高ければ良いというものではなく、安ければ良いというものでもなく、あくまで自分の肌室に合ったものを購入することが大切です。
その方法は簡単で、百貨店内のコスメコーナーへ行ったり、ドラッグストア内の化粧品店でもお肌のチェックをしてくれます。どちらかと言えばドラッグストアで選ぶ方が無理に購入させるようなこともありませんのでオススメです。
でもこの「足を運ぶ」ことが面倒くさいという女子、結構いるんですよね(笑)確かに最低1時間は時間を取られますし、話も聞かねばなりません。それなら、友人などの口コミを参考にして選んだ方がいい、と思う方もたくさんいると思います。
私はかなりの面倒くさがりやだったので、とりあえず評判のものを購入しました。大手メーカーですし、それだけで安心感も生まれたことも事実です。
しかし、私の肌には合わず、使用して三ヶ月を過ぎたあたりからポツポツとニキビのようなものが現れました。
最初はチョコの食べ過ぎかな、と呑気なことを考えていたのですが、その間にもポツポツは増える一方。。
綺麗だったお肌はぶつぶつの真っ赤になってしまいました。
化粧品が原因だと思わなかった私は、とりあえず皮膚科を受診しました。
しかしそこで医師から厳しく「直ぐに今使っている化粧品を中止してください」と言われました。
私は自分が思っていたよりも肌がかなり弱く、その上に知名度だけで成分のきつい化粧品を使用してしまったので、肌が炎症を起こしてしまったのです。
さらに、しばらくはすっぴんでいるように言われ、泣きそうになりました。今はどんなに弱いものでも、肌が敏感になっているので肌荒れを起こすとのことでした。
それから数ヶ月は皮膚科で処方されたスキンケアだけを使い、すっぴんでも我慢して過ごしました。
辛い日々でしたが、そのかわりあとも残らず本当に綺麗に治ってくれたので、良かったです。
私の例は特別かも知れませんが、その特別な肌は意外とたくさんいるような気がします。

どれでもいいや、ではなく自分の肌質をしっかり知ることから始めましょう。

本気で直したいニキビ。ニキビ化粧品の選び方

ニキビやニキビ跡ができると憂鬱になります。鏡を見るのもいやになり、沈んだ気持ちになります。
よく大人ニキビは乾燥が原因とか思春期ニキビは皮脂の分泌量が多いためといわれています。
年齢と肌質にあったニキビ化粧品を選ぶことも大切だと思います。私が10代の頃はアクネローションを使っていました。一番効果がありました。大人ニキビは季節の変わり目などにぽつぽつできることがあります。

 

年齢肌は乾燥肌になることが一番よくない状態なので大人ニキビ化粧品を選ぶポイントは乾燥させない。
刺激が少ない。香料が少ないことだと思います。
洗顔料は洗い上がりがしっとりタイプのものを選び洗浄力の高いものは避けて,ふき取り用化粧水を使い。
しっとりタイプの柔軟化粧水でお肌を整えるのが理想ですが、
化粧水は弱酸性のしっとりタイプをお勧めします。

 

化粧水はふき取り化粧水とお肌を整える柔軟化粧水の2本使いが理想です。

 

ニキビ肌の洗顔料は乾燥の原因になる洗浄力の高いものは逆効果になります。
大人ニキビの原因は乾燥肌が原因とも言われているからです。

 

余分な皮脂だけを洗い流してくれる弱酸性のお肌に優しいものを選ぶのがポイントだと思います。洗顔、化粧水でお肌を整えたらクリームは避けて、さっぱりタイプの乳液でお肌を整える。

 

私はニキビができるとスキンケア方法を変えています。いろんなニキビ化粧品を試すのではなく、スキンケア方法を変えてお肌の状態にあったケアをしています。

 

乾燥がひどくニキビが直らないときには洗い流すタイプのバスパックをお勧めします。参考に私が使っているバスパックはDHCのミネラルパックです。自分のお肌に合ったニキビ化粧品を選ぶことが一番大切といえます。